結婚指輪の由来

結婚指輪は、婚姻を結ぶ二人の絆を表す象徴となるものですが、その由来も神の前で結婚の契約を結ぶ証にあり、女性がその貞節を夫に誓うという意味合いでもありました。

また、日本では一般的に左手の薬指ににされることが多い結婚指輪ですが、国によっては右手とされる場合もあります。

左手の薬指にはめるのは、主に教会で式をあげる国において、定着していきました。

日本でも左手が一般的なのは、明治の文明開化の時代、欧米文化が流入したときに、こういった宝飾の文化も併せて受け入れたためと言われています。

結婚指輪の起源は、教会で結婚が祝福される以前の、古代ローマ時代にまで遡ることができます。

当時から、男女がリングを交換し、夫婦の契約の証としていたようです。

ただし、その頃のリングの素材は鉄製のものであったようです。

婚約指輪よりも、結婚指輪がシンプルなデザインである傾向が強いのは、日常使いに相応しいデザインというのみならず、こういった「契約」という結婚指輪の成り立ちにも関わっているのかもしれませんね。

勿論シンプルなデザインならではの美しさというものはありますので、こだわりを持って選ぶ方が多いようです。

結婚指輪のデザインが評判の杢目金屋を見てみましたが、品のよさと高級感を感じました。

むしろシンプルなデザインだからこそこの指輪がいい、デザインがいい、というものに出会うまでこだわるものなのかもしれません。

<注目!>http://www.horecaequipement.com/

Comments are closed.